BE ONE WATER STRAIGHT

ビーワン水ストレート

普通のストレートとは違います。

今までのストレートは、あなたの大切なキューティクルを破損することで薬液を浸透させていましたが、「ビーワン水ストレート」は、キューティクルの隙間からたっぷり"ビーワン水"を補給し髪にしっかり閉じ込めて健康な髪に戻して行います。 これを『ビーワンエコプロセス(3つのステップ)』と呼んでいます。薬剤から受ける頭皮への刺激や髪へのダメージを防ぎ痛んだ髪を回復させる安心安全な最先端の美容技術で、触れた瞬間の指先が「自分の髪じゃないみたい!」とサラサラを実感します。さらに、これら薬剤の排水による環境への負担も軽減していきます。

キーワードは「素髪」伝えたい感動。それは"素のままで美しいということ"

○剛毛、縮毛、痛んだ髪・・・。まとまらない髪がツヤツヤ、サラサラに変身!
○毎日のスタイリングが簡単になります。
○蘇生、修復させるパーマなので、デリケートな髪質でも痛みません。
○薬剤の嫌な臭いがしないので、リラックスしながら施術できます。
○妊婦さんでも安心です。
○施術前のシャンプーで汚れを除去
※お1人お1人の頭皮・髪の状態に合わせて、薬剤。施術方法を選択し、最適な施術を行います。

パーマ&ホームカラーは、急増する"女性の薄毛"の原因かもしれません。

パーマ液は刺激性の強い薬剤です。パーマ液を枯れにくい夏草に散布したところ、完全に枯れてしまいました。また、昨今のカラーブーム。ヘアカラー剤はさらに刺激性の強い薬剤です。
あなたは、ホームカラーでヒリヒリした刺激を感じたり、抜け毛が多くなったりした経験はありませんか?それは確実にダメージが蓄積されています。

 このような方にお勧めです

・頭皮が敏感(ふけが多い・頭皮が赤い)

・カラー・パーマ等をすると かゆくなる・沁みる

・髪が痛んでる方

・髪にハリ・コシが少ない方

・少しでも薬剤の害を気にされる方

BE ONE ECOPROCESS

ビーワンエコプロセス

STEP1

プレ処理を行う

カラー・パーマの施術前に、ビーワン水を頭皮や髪に充分に供給することで、少量の薬剤でも施術が可能な状態(伝導体)を作り、頭皮と髪を健やかに保ちます。 プレ処理は髪の仕上がりを左右する大切なプロセスです。

STEP2

ビーワン水をベースに薬剤を使用する
カラー剤・パーマ液の排水による環境への負担を軽減するために、薬剤の少量化を実現しました。頭皮や髪へのダメージが少なく、髪に潤いを与えます。

STEP3

空気の力を使う
専用のヘアリフォーマーを使い、空気中の水分を基点に空気そのものを活性化します。頭皮や髪への水の浸透を促し、ダメージヘアのケアに優れた効果を発揮します。プレ処理を始め、カラーリングやパーマの中間処理に使用する事で、薬剤が効果的に浸透し、安定した結果を手に出来ます。

ストレートに使われるのは、エアーアイロン「スフィーダ」

空気を供給し、トリニティーセラミックを通して活性化させたエアーが、髪に負担となるアイロン熱を急冷しながら、毛髪に水分を与え、潤い・ツヤのあるストレートを作り出します。施術後の持ちもよく、毎日のホームケアも行えば、次に出てくるくせ毛の"クセ"も弱くなります。「スフィーダ」は、ビーワンが開発した機器で"ビーワンシステム"を導入しているサロンで使われています。

Q&A

よくあるご質問と回答

  • 水パーマってなに?

  • ダメージを抑える…ではありません。水の力(ミネラル+α)で痛んだ髪をツルツル、サラサラ、ピカピカに蘇生修復します。

  • どうして痛んだ髪がきれいになるの?

  • 特殊な天然水の力(ミネラル+α)が髪の細胞を活性化。キューティクルを修復・蘇生して髪の毛の持っている力を最大限に引き出します。

  • パーマとカラーを一緒にしても大丈夫?

  • 水パーマは、やらばやるほど痛んだ髪を修復・蘇生します。水カラーを同時にした方がよりツヤツヤ・サラサラになります。

Q.

A.

Q.

A.

Q.

A.

Tel:0120-46-5092

豊橋市松葉町1-26 2F

 

【火曜~土曜】カット・・・・・・・19:00まで受付

       パーマ、カラー・・・18:00まで受付

【日曜・祝日】カット・・・・・・・18:00まで受付

       パーマ、カラー・・・17:00まで受付

       定休日 毎週月曜日+第三火曜日
       (三回目の火曜日です)

Tel:0532-51-0670

豊橋市松葉町1-26 3F

10:00~20:00

定休日 第一・第三月曜日・日曜日(不定休)

Copyright(C) セレブラル"CELEBRAR" All Rights reserved.